何か面白いことないかな

面白いネタや気になる話題など、まとめ記事を中心にお届けします!

【スーパーホワイト】日本年金機構の労働ルール「文字入力は一日平均5000字まで」「50分働き15分休憩」

   

【スーパーホワイト】日本年金機構の労働ルール「文字入力は一日平均5000字まで」「50分働き15分休憩」

img_7327c8f4a9be60958a4e65c1b2b29b2f601408

0 :ハムスター速報 2016年5月16日 08:44 ID:hamusoku
不祥事続発の日本年金機構。その「母体組織」の驚きのルール~「文字入力は一日平均5000字まで」「50分働き15分休憩」

日本年金機構で、またも問題が発覚した。

年金機構は4月28日、国民年金の情報に関する確認文書について、確認の必要がない約1万9000人に誤って送付したと発表。企業の名称変更などにシステムが対応できず、対象者を間違えたことが原因だという。

社保庁職員の質の悪さは、官僚の間でも定評がある。

実は’06~’07年の第一次安倍政権の時、社保庁を国税庁に吸収し、「歳入庁」とする構想があった。社会保険料の性格は税と同じなので、ほとんどの国で税と社会保険料の徴収は一元化されているからだ。

ところが、国税庁を所管する財務省から泣きがはいった。社保庁職員を引き取ったら、国税庁の中で「ガン細胞」が増殖し、国家の基本となる徴税が出来なくなるから、社保庁職員だけは勘弁してほしい、と。それほど、社保庁職員は他の役人からみると厄介者なのだ。

どうして社保庁職員が働かないかといえば、社保庁は労働組合と、「働かない」覚え書きを取り交わしていたからである。社保庁の労働組合は、「先鋭的」として有名な旧自治労国費評議会と全厚生労働組合だった。

その、覚え書きの内容はすさまじい。「コンピュータ入力の文字数は一日平均5000字まで」、「端末の連続操作時間は50分以内」、「50分働いたら15分休憩」など、一般企業ではありえない、非常識なものばかりだ。

おそらく、社保庁時代に入った職員には、まともな働き方を知らない人もいる。こうした組織は、まともでない働き方を継承する。

http://gendai.ismedia.jp/articles/-/48610?page=2

1 :ハムスター名無し2016年05月16日 08:45 ID:D8duGreL0
死ね

2 :名無しのハムスター2016年05月16日 08:46 ID:.cuahHPy0
ホワイトすぎる

6 :名無しのハムスター2016年05月16日 08:46 ID:.jD3UDaU0
百歩譲って死ね

続きを読む

 - Uncategorized

×
女性ホルモン