何か面白いことないかな

面白いネタや気になる話題など、まとめ記事を中心にお届けします!

センター試験が名称変更 「大学入学共通テスト(仮称)」へ 俺の時は共通一次だったが

   

センター試験が名称変更 「大学入学共通テスト(仮称)」へ 俺の時は共通一次だったが

1:名無しさん@涙目です。(東京都)@\(^o^)/ [ニダ]:2017/05/16(火) 18:19:40.81 ID:K3NX6y750.net
https://resemom.jp/article/2017/05/16/38122.html
国語と数学で記述式3問を出題

 文部科学省は5月16日、高大接続改革の進捗状況について公表した。平成32年度から大学入試センター試験に代わり導入予定の
「大学入学共通テスト(仮称)」では、国語と数学で記述式問題を出題し、英語で民間の資格試験を導入するなど、思考力・表現力などが評価される。

 現行の大学入試センター試験は、受験生の「学力の3要素」について多面的、総合的に評価する入試に転換する。
「大学入学共通テスト(仮称) 」実施方針(案)では、実施開始は平成32年度(2020年度)。出題教科・科目は国語、地理歴史、
公民、数学、理科、外国語、専門学科に関する科目。マークシート式問題は、思考力、判断力、表現力を一層重視した作問となるように見直しを図る。

 「国語」「数学」では記述式問題を出題する。記述式問題の作問、出題、採点は大学入試センターで行う。採点結果を
マークシート式問題とともに大学に提供し、各大学で結果を活用する。

 国語は古文・漢文をのぞく「国語総合」の内容とし、出題は文字数80~120字程度の問題を含めて3問程度とする。マークシート式問題と
記述式問題の大問は分けて出題し、試験時間はマークシート式と合わせて100分程度と想定している。大学入試センターによる記述式問題の
例としては、行政機関の広報誌を題材に景観保護の意見を80字~120字以内で述べる問題があげられている。

※全文はソースで

続きを読む

 - Uncategorized

×
女性ホルモン